IT経営推進集団


2017年12月12日(火) 07:33 JST

ITC埼玉への入会

おしらせ

ITC埼玉へは、「ITC埼玉について」に記載の活動方針賛同いただくとともに、
このページの詳細の「入会の条件」に適合する方であれば、どなたでも入会いただけます。

※詳細は記事のタイトルをクリックしてご覧下さい。

4.入会の条件 以下を、ITC埼玉への入会条件と致します。
・埼玉県在住、あるいは現在の勤務先が埼玉県近隣に所在すること
 勤務地は、業務上の主要な活動地域の意味も含むものとする
・上記を満たし、入会時においてITコーディネータ補試験合格者
 またはITCケース研修修了者のいずれかであること
・以降の「入会手続き」および「会員の要件」を遵守すること
5.入会手続き  
①入会希望者本人により、本サイトへユーザー名の新規登録をしてください。
 「ログイン」欄の下にある「新規登録」のリンク(下図)より新規登録画面に入ってください。

②メールにより通知されたパスワードにてログインし、「マイアカウント」より
 入会者の氏名自己紹介を入力してください。
  ※氏名と自己紹介の入力方法につきましては、ログイン後に「マイアカウントへの登録方法」
  をご覧下さい。

③自己紹介には、ITC資格者の方は、必ずITCの会員番号を含めてください。
 会員番号についてはITCあるいはITC補の認定者につきましてはa.を,
 他の方は,b.あるいはc.を記載して下さい。

 a.ITCあるいはITC補の認定証に記載されている認定番号
 b.ITC補試験合格証に記載されている合格番号
 c.ITC資格認定用ケース研修終了証に記載されている終了番号

 ここまでの手続きを終えましたら、あなたは入会申請中の状態になります。
 入会申請中の状態であれば、IT経営研修セミナーの「会員申し込み」が可能と
 なり、会員価格で受講できます。
 入会をご希望される方は、是非、申し込み前に入会手続きを済まされ、会員として
 申し込みしてください。

④ITC埼玉幹事による入会審査を経て正式に会員となります。
 適正に入会手続きを済まされ、特に問題が認められなければ、通常,一週間程度の
 期間を経て正会員となります。
 なお、正会員となりました際にも、特に連絡等は差し上げませんこと、ご了承
 くだささい。
 なお、新規登録を行ったままログインせず放置した場合は、登録を解除する可能性
 があります(スパム対策のため)のでご注意ください。
6.会員の要件 下記のように、 「Give&Take」を基本要件とします。 ・「参加する」だけでなく、分担して全員が主体的に活動し、共有情報を蓄積する ・そのために会員は、下記要件のいずれか(OR条件)を一年間に最低一回満たさな  ければならない。尚、オブザーバー会員もこの要件を満たすこととする ①ITC埼玉の幹事を担当する ②ITC埼玉の活動(「ITC埼玉企画」参照)における「知識ポイント確保のため  の研修会」の講師を担当する  <企画:知識ポイント講師> ③ITC埼玉を通じて、企業交流会・相談会の運営に参画し、記録を共有情報として  開示する  <企画:集客重点イベント、定期パブリシティ参画> ④活動方針に沿った企画を提案・実施し、結果と記録を共有情報として開示する  <企画:会員提案イベント実施> 7.情報開示運用ルール 当サイトにおける情報開示運用のルールは下記の通りです。  
・ITC埼玉会員は、ITC埼玉がきっかけとなった活動に関する情報を、情報提供    者として他の会員に対し開示する際に、以下のルールに従うものとする   ・会員は、活動に関する情報の開示に際し、ITコーディネータ協会が定める「IT  コーディネータ倫理規程」※を遵守する  具体的には、「ITコーディネータ制度普及の努力」(業務成果について積極的な情  報開示)、「知的所有権の保護」、「守秘義務」についての条項である  (※url:http://www.itc.or.jp/itc/itc_rinrikitei.html)  ・情報公開の手段としては、会員自身が会員の共有するWeb上のスペースに、公開  情報の実体となる文書(以下、単に「文書」と呼ぶ)を掲載し、会員にMLにてア  ナウンスする ・会員は、開示された情報の利用に際し、情報提供者に対し都度断りなく利用するこ  とができる ・文書を掲載する際、「再利用可能」、「参照可能」のどちらかを指定する ・「再利用可能」な文書は、他の会員が文書の一部を加工したり他の文書に転用する  ことができるものとする ・「再利用可能」な文書は、MS-PPTやMS-WORD等編集可能なファイル形  式で掲載する ・「参照可能」な文書は、他の会員が参照する、または文書を原本に忠実な形でのみ  他者に公表できるものとする ・「参照可能」な文書はPDF形式にて掲載するのが望ましい

 

記事のオプション

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.itc-saitama.org/trackback.php?id=20090921183447993

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
ITC埼玉への入会 | 0 コメント | アカウントの登録
以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。